Event is FINISHED

第3回モニタリング技術研究会

Description

第3回モニタリング技術研究会

テーマ 『透析医療現場への集学的対応〜現在と未来に向けて〜』

会   期:平成29年8月6日(日)

会   場:ウインクあいち

大 会 長:柴田昌典(光寿会リハビリテーション病院)

事 務 局:小牧市民病院 臨床工学科

9:00 開場

9:30 受付開始

10:20〜11:10(50分)大会長講演 柴田昌典

「色を測る〜現場の一技士が解明した透析患者の皮膚と血液色の変動の意義〜過去、現在から未来へ」

休憩10分

11:20〜12:10(50分)特別講演

・司会 東京女子医科大学 峰島三千男 先生

・演者 自治医科大学さいたま医療センター 大河原晋 先生

「モニタリング機能の有用性、透析中の運動療法の評価を含めて」

休憩20分

12:30〜13:30(60分)共催セミナー 中外製薬 

・司会 メディカルサテライト岩倉 長尾尋智先生

・演者 東京女子医科大学 村上淳 先生

「VA管理におけるモニタリングの重要性」

休憩20分

13:50〜14:35(45分)教育講演

・司会 小牧市民病院 神戸幸司 先生

・演者 東京女子医科大学 廣谷紗千子 先生

「血管の解剖知識と理学所見について」

休憩5分

14:40〜15:25(45分)基調講演 

・司会 常滑市民病院 中谷 環 先生

・演者 桃仁会病院 人見泰正 先生

「超音波を駆使したVA管理の最前線」

休憩10分

15:35〜16:35(60分)ワークショップ(WS)1人15分(10分+2~3分)×4人

テーマ:透析医療現場への集学的対応

・座長 金山クリニック 伊藤靖 

光寿会春日井病院 前田純

1)桃仁会病院 鈴木尚紀 先生   

「透析低血圧に対する脳内局所飽和度測定の有用性と測定意義」

2)大阪医療センター 峰松佑輔 先生

「レーザー血流計の有用性」

3)新生会第一病院 金田一彰洋 先生

「当院、在宅透析におけるモニタリング技術の活用」

4)JA山口厚生連 長門総合病院 肥田泰幸 先生

「脈波伝播時間(PTT)による血圧のモニタリング」

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#256755 2017-06-24 04:30:30
Sun Aug 6, 2017
9:30 AM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費の事前決済(クレカ、コンビニ/ATM) SOLD OUT ¥2,000
会員 FULL
Venue Address
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38 Japan
Directions
名古屋駅から徒歩5分
Organizer
モニタリング技術研究会
168 Followers